メーフ・マドー

Me If Mad Oh!冥府魔道!おまえたちのことが大嫌いになったよ

生きろ

2/27 大森靖子銀杏BOYZのツーマンライブに行ってきた。ライブがあることはだいぶ前から知っていたのだけど、平日だし予定もサッパリわからないヤと思ってチケットを買いもしなければ探してもいなかった。が、前日の夜にチケットの譲り先を探している人をたまたま見つけ、見つけた瞬間「行きたい」気持ちが沸騰し、すぐにご連絡、譲ってもらえたのだ。譲ってもらえて本当に幸運だった、行けてよかった。どっかで「駆け抜けて性春」と「非国民的ヒーロー」はふたりで歌うのだろうなと予想はできていたけど、しょっぱなからきた。ガンガンきた。ことばもないよ。銀杏BOYZを一番よく聴いていたのは高校生のころだけど、生で見るのは初めてのことだったのだ。あのころはMDで音楽聴きながら自転車登校していて、いろいろ聴いていたな。なかでも銀杏聴きながら自転車ぶっとばすのが楽しかったよ。アルバムで「駆け抜けて性春」を初めて聞いたとき、ゲストボーカルにJUDY AND MARYYUKIちゃんが参加していてびっくりしてのだ。わたしはまぼろしなの、あなたの夢のなかにいるの。とても泣かせるフレーズなのだ。そこを今回のライブでは靖子ちゃんが歌ったわけだ。大好きな歌を大好きな人が歌うというのは、夢のようだな。去年リリースイベントで靖子ちゃんの歌は聴いたことあったけど、ちゃんとしたライブでがっつり聴くのはこれまた初めてだった。よかった、とてもよかった。二時間半くらいだったっけか、ライブ終わってからおうちに帰るまでふらふらで、なにを読んでも文字があたまに入らない、最寄りからひと駅手前で降りて歩いて、ライブで聴いた歌を小さく口ずさんではなみだが出そうになっていた。銀杏をもっとも聴いていたころから10年以上経って、身もこころもぼろぼろになり果て多くのものを失ってきたが、銀杏BOYZを好きな情熱は失っていなかった。とっくに消えたと思っていた情熱だが、まだまだ沸くものなんだな。意外だったよ。そして、年を食っていくなかで精神は荒れ果て新しい感情なんてもうなにも抱けないかと思っていたけれど、大森靖子がちゃんと好きになれたことだけははっきりわかった。ずっと好きでいるだろう。いま、それ以外はなにもわからない。わからなくてよい。