アサヒ死ンブン

死骸ブログ

嘘の向こうにあるものは本当ではなくまた別の嘘

子供のころに「お香典に包むお金は新札を用意しなさい!なぜならボロボロのお札は死ぬのを前から待っていたように思われるから!結婚式はその逆!」みたいな大人ルール(常識、マナーというやつ)を聞かされ、子供心に「へぇ〜なるほどね(しょうもな)」と思った記憶がある。記憶がある。記憶がある。記憶がある、と思っていたが、実のところこれは捏造された記憶だったようで、用意すべきお札の新旧マナーを逆に覚えていた。正しくは、結婚式のようなあらかじめわかっている式には新札を持って行きなさい、になるのだと。なるほどね(しょうもな)。味噌と理屈はどこにでも付けられるってことがあらためてわかった。試みに冠婚葬祭のマナーに口うるさいママ(実母)に「結婚式当日のおめでたい日に『カラマーゾフの兄弟』を読んでるのは縁起が悪いだろうか?」ときいたら「さぁ…」って言われたし、ひとびとの吉兆に対する意識なんてテキトーなもんだろうな。常識的に考えて、結婚式のようなおめでたい日に"父殺し"の文学を読むって、お札の新旧を間違えるよりはヤバイと思うんだがな。ヤバくない?
就職活動でビジネスマナーの本を読んで「タクシーのどの位置に偉い人を乗せるべきか」みたいなことが書かれているのを知ったころから(そうすることに必然性のない)マナーがこころから嫌いになって、可能な限りぶち破っていこうと決意した。たとえばネクタイを付ける意味がわからなくって、ネクタイが役立つ場面というのが怪我をしたときの止血以外に思い浮かばない。「あれはオシャレなんですよ!」とか言うのはやめてくれ。「弊社の志望理由を述べよ」に対して「お金が欲しいから受けました」と同じくらいトンチンカンな回答をしていると気づけ。誰も胸に布キレをぶら下がることに疑問を持たない社会なんだから、こんりんざい天皇制だってなくならないだろうよ。民主主義とは"棚上げ"主義のことなんだろう。ひとは自分に損のない(と信じている)ことは現状維持を押し通すものなのだ。
じっくり考えてみると、アホみたいな理屈をもって意味のないことに意味をつけて"飛躍"を生むという点で、公共的な「常識」と「ネタツイート」には構造的に似てる部分があるように思う。常識は屁理屈みたいなもんだけど、屁理屈みたいな常識があったほうが生きやすいと考えたひとたちが屁理屈によって意味づけをしたようなものだし。ネタツイートは意味のないところに意味をつけて笑いを取るもので、ネタツイートの上手さは屁理屈の上手さと一致する気がする。
また常識をいかに外してネタにして笑いを生むかという工夫を凝らせるかということで、ネタツイートが上手いひとは感覚的に常識をよく識っているのだと思う。常識が常識としてあること、常識の「公共性」を理解しているからネタツイートとして笑いのネタを生めているのであって、根底から"常識外れ"なわけでないのだろう。常識を知らなければ常識を破ることはできない。
というわけで、僕はいつもクソみたいなことしか書いておらず常識はずれなように見せていますが!ホントは常識人なんで!!まともな人間なんで!!!好きになってください!!!!もっと好きになってください!!!!!お願いします!!!!!!!

信じない者にならないで信じる者になりなさい

十二使徒の一人でディディモと呼ばれるトマスは、復活したイエスがやって来たときに他の弟子たちと一緒にいなかったため「イエスを自分の目で見るまでは信じない」というようなことを明言したんだそうだが、そんなことよりも、僕が知っているバカな女は、僕がさんざん諌めていたのも聞かず「あの人の人柄は自分の目で見て確かめるから」と言ってみすみすクソ男のところに行き、そのうち男の都合で呼び出されて経済的にも性的にも搾取される奴隷になっちゃった。そういうケースに何度も出くわしたことがある。
どうしてこんなバカなことが起きるのか? 自分の目で見たものってそんなに信用に足るものだと思っているのか? 見えていないもののほうが大きいとは思わないのだろうか? イエスは<ワタシヲ見タカラ信ジタノカ。見ナイノニ信ジル人ハ幸イデアル>と言った。これらの"どうして"を考えていてふと思いついたこと、見たものを信じるか否かの考え方と視力には関係があるんじゃないか。僕は自分の目で見たものだからって用意には信じることができないんだが、それは小さいころから近眼だったためかもしれない。見えていると思うより、見えていないと思うことほうが多かったんだ。彼女たちはなまじ視力がよかったから自分の見ている世界がそのまま<真実>であると思っているのかもしれない。目の前のことが鮮明に見えてしまっているから、見えていない部分のことを考えたことがないのかもしれない。まぁ、視力検査をしたわけではないので確かではないな。単に愚かなのかも。
ところで僕は前述のとおり視力が悪いので常にメガネをかけているんだが、実弟の結婚式のおり丸メガネをかけて行き、披露宴で寿ぎの言葉をかけに行ったら、弟から「戦時中のダメな将校みたいやな、あの、牟田口?」と煽られ、「インパール作戦ンンン〜」って応えました。牟田口中将は、旧日本軍のなかでも最低最悪の将軍です。Wikipediaで読んだだけでゴミカスっぷりがわかります。ってか、なんであいつは牟田口とか出てくるんだ。カラマーゾフの兄弟って感じだね(?)

羅生門の下で雨やみを待っていた

魂魄が霧散しちゃったのだろうか、あらゆる言葉が出てこなくなっちゃった。

日常において自分のまわりで"事件"が起きず、なにかあっても140字に収まっちゃうことばかり。なにも起きないんだよ。わざわざ書き連ねることがない。実はたいへんなことが起きているのだが、僕の近眼の目に止まっていないだけかもしれない。あるいは感覚が鈍すぎて感知できていないのかもしれない。とはいえ事実ベースではなんもない(と思っている)ので、会話においても面白い話ができないし、ツイート程度の短い文章においても面白いことが書けないから、いよいよ想像力および創造力を鍛えなきゃいけないなという焦りが発生してきた。いっつも面白いツイートとかブログとか絶え間なく書いているやつらはなんなんだ?たとえ内容は盛り盛りの嘘八百だとしても、嘘八百をずっと書き連ねられるのがすごい(嘘八百じゃなくて真実一路だったらごめんな>面白いやつら)。

 

というわけで、作り話の練習をしていきます。ここから先はフィクションです。

 

梅雨入りしましたね。僕は傘を持たずに外出しがちなので、その日も出先で雨に降られ、羅生門の下で雨宿りをしていました。なにぶんスマホのない時代のことだから手持ち無沙汰で、歌でも詠むかと思い、「あめのひを、くちぶえふいて、すごしたら」と上の句のつぶやいたところで、近くで同じく雨やみを待っていた黒髪おかっぱ前髪ぱっつんの魔性のおんなが「幸も不幸も、流され消えた」と下の句を横から差し挟んで、そのまま意気投合、「言語で足りない部分は肉体表現を交えて補うかたちで文学の研究をしよう」と言って羅生門を離れラブホテルにしけ込むところから始まる大人の恋愛のはなしを書こうかな思ったんだけど、これでは芥川龍之介の小説と羅生門の鬼のエピソードのパクリの融合だから新規性がないし、なにより、おもんねえ………………

煩悩無量誓願断

幼少のころから人を誘って遊んだり出かけたりすることが地獄的に苦手だったもので、高校より前から長く付き合っている人間はもはやいない。ZEROだよ。僕以外の同級生がすべてみな死に果て申しただけかもしれない。歴史的にただでさえ誘うのは苦手なのに誘っても誰も乗っときてくれないことばかりだったので、いつしか誘うことが面倒になりひとを誘わなくなったし、同時に誘われることも億劫になって断ってばっかになっちまった。おかげで単独行動スキルは上がって大学は一瞬で卒業したし就職もひと苦労かふた苦労でできたってかんじ、転勤しても寂しさは微塵も感じず、勤めていたブラック企業は孤剣にて討ち、転職ガチャは自力で引ききった。国に誘われたけど無職期間の年金も払っていない。

いまも日常において出かけるときいつも誰も誘わないしほとんど誰からも誘われない単独行動ばっかなので、どこかへ「行こう」という気持ちがなくなると、それまで好きで通っていた店もパタッと行かなくなっちゃう。これはよくないな。酒も好きなのにひとりで飲みたいと思わなくなったので、ちかごろどこにも全然行かなくなっちゃった。

「◯◯したい」という気持ちをできるだけカットして精神的にミニマルな生活をするように工夫してるから、しんどさの軽減と引き換えにつまらない人生になっちゃったんだ。結婚したいとか思えなくなったのもこれだな。誘えないし、誘われない。その気持ちが根底にあるので、どうしても信じられないし、信じられているとも思えないわけだ。人間関係のつながりが納豆さながら糸地獄としか思えないのだ。

べつに友達がいないとか結婚できないとかはどうでもいいんだけど、ただひとつ困るのは、ひととの約束がないと朝起きられないことだな。

アサヒの黙示録

《驚かないでください!》という文言の見出しは特に異国語翻訳系の広告に多いように思うけれど、往々にしてその内容には驚くべき仰天の内容が書かれていたと思えたためしがないな。内容に興味が持てなかったり、効能が嘘くさすぎて驚けなかったり、内容に対してキャッチコピーが大袈裟すぎたり、さまざまだけど。

なにかにたいそう驚いた記憶があまりないのだけど、ひとつ、むかし、好きだった女の子(お互い付き合いたいという方向にいったわけではないがチョメチョメっとした関係があるくらいには仲がよい)が、主に知り合いばかりの集まった複数人での飲み会において、佳境の盛り上がってきたあたりで「驚かないでね…」という前置きの上で、実の兄弟とセックスした話をはじめたときはちょっぴり、いや、けっこう驚異だった。当時の感想としては、たしかに驚異ではあったが、一方で(その兄弟以外の)ほかの男とのセックスの話をきかされるときのような嫉妬心は湧き起こらなかった。うーん、肉親なら嫉妬対象外かな?みたいなわけのわからない混乱を抱いたということかな。"寝取られモノ"を見たときのような倒錯的な欲情も起こらず、ほんとに驚いたときには感情も希薄になり判断力も欲望も無化されるようなこともあるのだと理解した。

歳を経るにつれて上のような驚異も世の中にはちょいちょい転がっているのだと知っていったけど、同時に若いときのように驚きを驚きとして受け取ることもできなくなってしまったようだ。感受性、そこになければないですね。言い方がダイソーの店員みたいだな。

オレ様の全力

自分に酔ってる悲劇のヒロインがキライみたいなこというひとがいるが、そんなんまだいいほうじゃねえか、僕は自分に酔ってるオヤジたちと仕事をする羽目になって苦労した思い出があるので、"ヒロイン"ならマシだろうよ、オヤジの見苦しさを知ってくれよ、せめて"ヒロイン"に閉口したかった。

新卒でIT戦士屋さんになってから大人の社会でいろいろなひとを見てきたが、この世には「このプログラムはオレが組んだんだぞ?ミスなんかあるわけないだろ」と言いがちなイキリITおじさんがたくさんいることがわかったのだ。イキリITおじさんが組んだプログラムは、イキリおじさんがやるべき最小単位のプログラムテストである単体テストすらサボっててクソバグが見つかりがちなので、こいつらの言は信用しないことにしているのだ。驕りすぎだろ。マジで「このオレが」って言い方をするからな。アニメの見すぎなんじゃねえか?

そのくせ、イキリオヤジ◯◯さんの担当箇所からクソみてえなバグが発覚したとき「◯◯さんの作ったプログラムにバグあったンだが?」って迫ると「うう…」とかうめき声をあげやがって、せめて「ば、バカな……まさか、このオレ様が敗北するとは……?」とか最期まで演技しろやって思う。

就職活動で苦しんでいるセイガク(学生)さんたちを見るにつけ、社会にいる大人なんか珍粕(ちんかす)ばっかやからリキむことないぞって言いたくなるわ。あとIT業界は、ベンチャーはよく知らないけど、もともと男社会っぽい業界だったから会社創設が古いほどホモソーシャルな傾向にあると思う。いっけんロジカルな考え方する人間の集まる業界かと思いきや、ホモソーシャル、体育会系(笑)、キモ・オタク、これらが入り混じった、珍粕のにおいがする珍粕業界だ。めちゃくちゃヘイトな悪口言っちまった。IT業界屋さん、すっかりキライになったんでな〜

血痕、血判、決死

少しまえにパパ活(実父と会食)したとき、僕の弟の結婚についての話題になり、弟は真実一路の道を行きまもなく同居新婚生活に入るのだと知らされた。僕は、実弟本人から結婚についてなにも教えてもらっておらず、"まもなく結婚する"というウワサばかりはどこからともなくきいていたものの、それはデマゴギーだろうとずっと疑っていたのだった。しかし嘘ではなかったのだ。

「おまえにはないのか、その、結婚の見込みとか」と問う実の父親に対して「あー、ナイナイ」とにべもなく即答するのはいささか親不孝だったかもしれない。が、そういうのいっさいナイナイだから仕方がナイナイ。

送られてきた結婚式の招待状には、弟の嫁の氏名がフルネームで記載されていた。神秘に包まれたベールの一端がめくれ上がった感じ。正確な名前すら知らなかったんだよ。しかし写真は添付されていなかったので、まだ貌(かお)はわからない。

弟については仲が悪いわけでもなし、正直勝手に幸せになってろよという思いが強いが、ゲマインシャフトだから、弟の結婚式には(アホのふりをしてご祝儀を持たずに)行こうとは思う。招待状の返送用ハガキには出席にマルをしつつ、メッセージ欄には「結婚生活において大切なものは3つの袋であると言われております」と書いておいた。3つの袋が何を指すのか、堪忍袋だろ(これがオチだった気がする)、あと残りのふたつがわからない。僕は女の子の涙袋が好きだよ。乳袋も好きだ。

式当日、あるいはその後日の会食などにおいて、今度はママ(実母)から「アンタは結婚しないのか(笑)」と聞かれる可能性は大いに考えられる。憂鬱だなぁ。まえにパパにしたようなナイナイ回答はさすが親不孝だから、なんとかやんわりと親の希望を断てる回答を今から考えているのだ。

そもそもあらゆる共同体に属することがイヤになったので、とうぜん、生活の共同体である家族を持ちたくもないことを理解してもらわなければならない。一方で、人間関係資本が豊かで、孤立していないことも示す孝行的配慮もせねばなるまい。社交を求めているのだ。ま、実際はトゥイッターのなかだけの社交だけど。現実世界は断絶の繰り返しサ。

僕はたしかに、まいにちまいにちクソみたいなトゥイートばっか垂れ流しておりますけど、冷静に考えると学歴も職歴もあってめちゃくちゃまともに生きてるのに、どうして結婚の気配がないのかわからないな。健康で文化的な最高水準を生きてるのに。文化レベルが低いからダメなのか?履歴書に書くべき賞罰"ナシ"なのに。がないのがダメか?罰の"箔"があったほうがよいのか?お金も有価証券もあるのに……これは小銭だからダメなんだろう。わかってるよ。

かように、僕は誰からも認めてこられなかったので、僕もこの世界のことを認めませーん!破壊します!(SEKAI NO OWARI