SNSを辞めろ

ティンダーで
  マッチいっぽん
    火事のもと

これは僕が作った句なんですが、江戸時代にスマートホンがあったなら間違いなくエロ・色恋川柳集『誹風末摘花』に収録されてたろうなって名句じゃないですか?

ティンダーってのは要するに出会い系アプリで、次々と出てくる相手(異性に限定したものでなく性的指向の設定ができる)の写真を見て、気に入ればLIKE・気に入らなければNOPEの評価をつけ、相手も自分をLIKE評価したならばマッチが成立、そうするるメッセージのやり取りができるようになり、あとは良いようにメッセのやり取りで仲良くなり煮るなり焼くなり好きにしろってわけだよ。無料版にはLIKEの数に制限があり、課金すると制限がなくなる。うさんくさいアルゴリズムだよね。今日はこのティンダーを含め、SNS的な繋がりがいかにしんどいかって話がしたい。別にマッチした女から返事がこないから八ツ当たりで書いているわけではない。

まず、おもしろい女はティンダーなどやっているひまがないはずであるから、ティンダーにはおもしろい女はおらず、原理的にティンダーでおもしろい女とマッチするわけがない。まぁ、おもしろいかどうかはひとによるから、これは異論があるかもしれない。いないと思うけど。まぁそんな冗談はどうでもよくって、ひとの関係について考えたくって、人間関係ってのは本来、お互いの気に入る部分と気に入らない部分を受け入れたり拒絶したりを繰り返して妥協したり、より良い関係を築けたり、やっぱりだめだったりしていくわけジャン。最初はムリだと思っていた相手が受け入れられるようになることがあるのは、会話をして弁証法的に関係を築いていくものだからだろう。それをマッチするかどうかという対幻想に訴えて始めようというのがまず僕にはムリっぽく、さらにいうとメッセージのやり取りもリプライのし合いも会話ではない。ティンダーだけじゃねえや、ツイッターでもミクシーでもなんでもいい、インターネットのSNSサービスにおいて文字列を額面的にしか受け取れない"ターン制"の応対を繰り返すのは本当に疲れる。マッチした女との応対が噛み合わないことへの八ツ当たりで書いているわけではない。

対面あるいは電話での会話はリアルタイムで相手の思考を書き換え合う行為だから、パーソナルスペースのように相手によって許せる(物理的ではない)距離感が違ってくるけれど、距離の取り方を変えることで付き合い方を変えることができるわけだ。嫌いな相手とでも、"それなり"の付き合いができうる。が、SNSでは言うべきこと文字化されて、しかも受け答えに"ターン制"を強いられることでどんな相手ともフラットな対応をしなければならない。いやになったらブロックあるいは無視することはできるけれど、そこに"それなり"性はなくて、断絶が生まれる。会話も一見お互い相手の言うことを聞いて返事を考えるわけだからターン制っぽく思えるけれど、相手の言うことを聞きながら・あるいは自分がしゃべりながら話す内容がどんどん書き変わっていくところにリアルタイム性があって、このリアルタイム感覚を共有できる相手とは会話が弾んで楽しみが生まれるのだと思うのだ。まぁ、逆にいやな会話をブロックできないのがリアルタイム会話のしんどさなのだろうけど。僕はツイッターでムリな奴を見かけたら「キモッキモッキモッ」って言ってからブロックしているよ。具体的には百田尚樹と恋愛工学を読んでいる奴だね(これは悪口だ)。決してマッチした女との趣味が合わないことへの八ツ当たりではないよ。

ターン制ってことでいうと、インターネット以前の手紙のやり取りも同じような祖語というかうまくいかなさってのあったと思うんだよね。太宰治の往復書簡体小説『風の便り』はそのうまくいかなさを揶揄した内容だと思うんだけど、僕は手紙のやり取りしたことないし、ほかにエビデンスはないわ。ちなみにティンダーで太宰治好きの女とマッチしたことはないですね。別にしたくもないけど、八ツ当たりではないです。

そして、あらゆるテクストにはコンテンツとしての側面とコミュニケーションとしての側面があり、SNSのプロフィールに好きなものを書きたくなくなったり、本当に好きなものについて書きたくなくなったのは、ツイッターなんかでこの「コミュニケーションの側面」ばかりに血道を上げている奴らを見るのが心底イヤになったからなんだよな。ムリな形態のメディアで好きなものについて消費的なコミュニケーションを取るのは、もう、地獄的に嫌いだね。これは八ツ当たりだ。インターネットには嫌いな奴が多すぎる。

というわけで、フォローだとかマッチだとか繋がりをON/OFFでしか見られないbooleanな関係がときどきすごいしんどくなるわけだね。それに対して、アカウントをしょっちゅう消してすぐ繋がりが希薄になるくせに、よみがえるたびにちゃんと連絡くれるゾンビみたいな女の子も何人もいて、そういうひとは大好きなんだよな。きっと彼女たちはSNS的な繋がりとはちがう関係性を持ってくれているんだな、と感じられる。ゆえに好き。まぁ、ゾンビちゃんたちは僕のことを好きになることはないんでつが(爆笑)

ディズニーランドに住もうとおもうの

パパ活をしてきた。パパ活といっても、パパを見つけてイイコトしてお金をもらうわけではなく、パパになってイイコトしてもらってお金をほどこすわけでもなく、実父と会食をしたのだ。パパは郷里(くに)から出てきてわざわざ僕に会いに来た。定年を迎えたばかりで時間はあるのだそうだ。

僕の弟が近々結婚するそうだ。なぜ伝聞体なのかというと、当の弟からは嫁の情報も結婚式の情報もいっさい送られてこないからだ。親からウワサを聞いていたのみだった。じつは嘘なんじゃないかと思っていた。本当のことらしく、結婚式の日程をこの日父親から教えられた。

「いつまで経っても連絡がこないから行かなくていいのかと思っていたよ」
「絶対にこい」

などと言われた。はなしの流れから、当然のことながら、僕の事情についてもきかれるのだ。
「おまえはないのか。その、結婚の見込みとか」
「ないです」と答えるほかない。
「お母さんが心配しているよ。別に無理に考えろというわけではないが、すこしでも考えがあるならばきかせてほしいんだが……」
ママを引き合いに出されても、ないものはないんだよな。
「結婚への意思がないわけではないが、本当にないよ、見込みもないし、得る気もないし、結婚相談所も婚活パーティも行く気はない。物理的にないので、ないんです。女に興味がないわけじゃないって。はなしの合わない女はムリなんだ。気が合わない女といる気はないってこったよ、父ちゃん」
「寂しくはないのか」
「うちには猫がいるし仕事は楽しいし友達多いので、人間関係資本(猫も含んでいるが)はまぁ足りている」
なんで親とこんな会話しなきゃいけないんだろうな。

両親とも弟とも仲が悪かったわけではない。家族のことが嫌いではない。親には感謝の気持ちはあるけどJ-ヒップホップのリリックみたいに過剰に感謝する気はないし、思春期のころには人並みに家族を枷だと思うようなことはあったけどそんな気持ちもいまは遠く、そもそも振り返ってみればむかしから家族というか、生まれに善し悪しを感じてこなかったように思うな。幸も不幸も感じない家に生まれてきた。まぁ世の児童虐待のニュースを見ていると、こんなノンキなことを言ってられるだけ幸福なのだとも思うけど。どうあれ自分のなかに家族の特別感というのはとても希薄で、細くとも切れずに繋がっていればいいやくらいのものなのだ。家族や親族の外にさまざまな人間関係資本を築ける時代だからそう思えるのかもしれない。きっと親が死んでも、悲しいは悲しいけど、そりゃいつか死ぬわなという気持ちも同じくらい抱くことと思う。必要以上に悲しむ意味なんてないだろう?ひとは基本的に自分のために生きるものだから、当人が自分の生をまっとうできるかどうかが問題で、そこに家族のつながりが求められるなんて信じられない。否定しているわけでない。本当に信じられないのサ。

絶対にこい、と言われたけれど、肉親の結婚式なんてのも絶対に行かなきゃならないものなのか?家族と勘当に近い確執があれば行かないことに大きな意味があるんだろうけど、そうでなくて、肉親でもそうでなくても、勝手に幸せになっていればいいんじゃねえかなって思うのだ。僕は世のなかのみなさんがいう幸せなんてよくわからないものは放棄することにしたし、ほしくなったら幸せを自分で再定義してお前たちとは異なる手段でそれに迫るよ。「愛」は"いまここ"にあるものでなく振り返って「あれは愛だったのだ」と過去形でしか測れないものだ、という思想を持っているので、愛に基づく連帯なんてものも信じていない。ひとのことをあんまり信じていないんだよな。誰かから信じられていると思えたこともないので。

僕はディズニーランドもシーも行ったことがないのだけど、きっと恋人と一緒に行っても家族で行っても楽しいところなんだろう。僕には縁のないところだよ。

 

ゴミの日

「文章力」ってなんなんでしょうね。小説でもブログでもなんでもいい、この世にはたくさんのものが書かれていて、そのなかの一部の書かれたものは非常にウケてたくさんの読者がいるってのは言うまでもなく考えてみればスゲエことですよ。ひとは他人の考えてることなんて知りたくないはずなのに(もしかして他人の考えてることを知りたくないと思っているのは僕だけかもしれないが?)それをわざわざ表出してかたちにされたものを読んでやろうって多くの人が思うんだから、恐ろしいこった。
酒場でもツイッターでもどこでも「仕事論」が語られているけど、サラリーマンにもっとも大事なスキルのひとつは文章力だと思っているよ。僕は小説や詩歌といった創造的な文章は書けないけど、ビジネス文章力は非常に高いんだ。つっても紋切り型のビジネス文書ルールのことじゃないぞ。正直に書いたら「言い訳するな!」と言われるようなことを、たくみにストーリーを作って説得力を持たせる、いわば脚本作成能力のことを言っている。むかし、女と遊びほうけて会社をサボりまくったときも見事に「切実な事由」のストーリーを作り上げて上司にいっさい疑われることなく乗り切ったよ。「お疲れさまです。アサヒです。すみません、出勤遅れます。ウチのツレがマジでマジがマジヤバなんで家を出られなくて、病院の方向に行ってから出社します。○○は金曜のうちに××に引き継いだんで大丈夫と思います。水曜までに資料それろえられるんでマジ大丈夫です。ヨロ。お願いします。」みたいなメールいっぽんでなんとかなった。実際はもっと切迫感のある文体で、臨場感溢れる誤字脱字を交えた自然主義文学で、冷静に考えると「急いでるんでコピー先にとらせてください!」くらい理由になっていない内容だけどストーリーにはなっている文面だったんですよ。日頃からバカみたいに小説ばっか読んでるからごく自然に筋書きを立てて微妙な言い回しや語彙の選択ができたってことなんだな。サンキュー、文学。真面目に文学やってる奴に刺されそうだけど、僕にとって文学とやらが役に立つのって、言い訳をビジネス文書に上手く変換できるときだけだから。それ以外になにがあんの?イキリ文学野郎はこの世に生きててなんの意味があんの?ってかんじ。
読者に向けて書けているのがスゴイなって話で、読者のことを考えずに自我をおもてに出してるだけの文章はゴミだと思ってるんだけどね。書いてる本人は称して曰く「オレが書きたいこと」だそうだけど、それはほかの誰にとっても「目にしたくないもの」かもしれないという想像を、なぜ持てないのだろうか?まぁこの記事もゴミの部類だけど、ゴミを出す練習をしておかないと"ゴミの日"にゴミを出すことができないから、ゴミをまとめる感覚で書いているんだよな。

神の道に背きし錬金術師滅ぶべし

もう何年も前のこと、職場で精神に異常をきたす寸前まで追い詰められて退職したときのメモが出てきたので、てにをは・改行を改めて言葉を補ってここに載せることにした。当時の精神状態が垣間見れて非常におもしろい。僕は仕事で精神を痛めるくらいならとっとと辞めればいい主義者だし、精神を痛めるきっかけもひとそれぞれだから、別離百態、ひとそれぞれ百態の退職のかたちがあると思っている。そんな百態のうちのひとつ、もう一歩頑張ってムリをしていたらまじで人生を棒に振ってたかもしれない、そんなときに書かれた読み物だと思って欲しい。

仕事を辞めることにした。昨夜職場からこっそり私物・荷物は引き払い、入館証は置いて帰った。お疲れ様でした、またあした、と挨拶した。この時点で"明日"はないわけだが。ザマァみろ。今日は体調不良で病院に行くという連絡をいれた。明日、退職届を送る。さよならだけが人生ならば、人生なんていりません。激務だったわけではない。が、黒い労働環境ってのは必ずしも労働の強度と相関関係があるわけではない。仕事を放ってきてまま丸投げの放りっぱなし、客との調整もしてくれねえ、たまに思い出したように報告しろというがどういうフォーマットでなにを出せばいいのか、聞いてないことがたくさん降ってくるけど要員もくれない、どうにもコミュニケーション取ってくれる気がないのだね。健康保険証は最後までもらえなかった。このようにないがしろにされては来月死んでしまいそうだと気づいたので、僕は自分が死ぬことなく、彼らに死んでもらうことにしました。人のことを殺そうとしたら、返り討ちに遭うことだってあるわな。同じ理屈だと思う。休日は昼過ぎまで起きられない、ラーメンもミラノサンドも味がしない、これはやべえなって思っていたのに加えて、募集要項に書いている嘘イツワリが心底イヤになった。ひとつひとつくわしく説明するのは面倒なので端折るけど、死にたくない、否、これ以上不愉快な思いしたくないので、9回裏のサヨナラ満塁ホームランだよ。僕は冷血冷酷クールビズな人間なので、慈悲はない。
ヤフー知恵袋などにおいて、「仕事をバックレようかな」と相談をしているひとに対して、アンサー欄で「バックレは人としてオカシイ」「社会人としてありえない」「子供じゃないんだから」なんて正論(爆笑)が散見されるわけだな。回答しているおまえら、ほかの質問にはトンチンカンなアンサーして"ヤフー知恵遅れ"だなんて言われてんのに、労働関係においてのみは強気マンになれるんだな。不思議だよ。強気の社畜マンは、労働においてあるべき清き労働者の姿を描くことはお得意なようだが、それ以外のことについてはゴミクズみたいな知識しかないってことがまるわかりだね。僕はマルクスのほうが好きなので、プロレタリアートの権利全開でいく。それは果たして人としてオカシイだろうか。連中は自分がプロレタリアだと気づいていないのだろうかね。僕よりもマルクス主義に詳しくないやつは黙ってろってかんじだよね。つっても僕も学生時代に「資本論」の岩波文庫1冊目の途中で挫折した雑魚なんだけど。次に読むのは資本論の解説本にしよう。僕は社会適合・社会不適合という言葉が嫌いでね。無職のあいだにこの言葉を否定する理論を組み立てようと思うんだよね。バックレの言い訳ですよ。精神的支柱にせんとしているだけです。戦争に向かう国が自国を正当化する理屈をこねるのと同じこと。まず、「社会適合」しているなんてのは、真面目な社会人たち(爆笑)からのカスみたいな承認を受けているだけの状態にすぎないものだ。世のなかの多くの人間は、会社においてチンカス承認をしあって生きている。さらに、承認されることを強要しする。承認されるべきだと脅迫観念を与える。お互い承認しあう世界がいごこちいいからだ。僕はそんなチンカスのためにシンドイ思いをするのはバカバカしくなった。だから逆に社会不適合というのはつまり、社会で真面目に働くしか能のないチンカスから承認を受けられていない状態である、にすぎない。世の大多数がチンカスだから、チンカスから認められないと不安になる。ってだけのこと。ここで冷静に考えてほしいんだが、チンカスに承認されてなにが嬉しいんだ?自分が社会不適合ではないかと悩む人たちは、一度まわりの環境を見回して、周りのやつらみんなから承認されたいかどうか考えてもらいたい。おそらくそのなかの多くは、認められなくても生きるになんら差し支えのないチンカスだ。誰からも認めらず、こちらも誰も認める気が起きなければ、社会適合も不適合もないだろう。って内容で本を書いたら売れますかね?
働きたないって言ってんじゃないんだよ。(働きたくないけど)前回仕事を辞めた時はもう働かないゾと思って辞めたものだが、今回はまともなところでまともな仕事がしたくてたまらない。実のところ履歴書も送ったりしてるので、ノープランで辞めるというわけではないのだ。そこがダメでほかにも受けてみたいとこがいろいろある。履歴書を書く筆は前回よりずっと早く進んだ。「こんなこと思ってるのでこんな仕事がしたいんです!」ってサクサク書けるの、モチベーションの差なのだな。気持ちが落ちつかないときはだらだら書き続けるのがいいね。まとまったこと書く集中力がいまないのだけど、あまりツイッターにネガティヴなこと書き散らしてもウザってえだろうし。

 

翌日は朝から雨が降っていたけれど、槍が振ろうとも僕の退職届は止まらない。二郎系ラーメンのトッピングみたいにオプションマシマシの郵便を送ってきた。伝わるかな、僕の"本気"が。僕は高校生の時に法律バトルまんが『カバチタレ』を読んで以来、いつか内容証明郵便を送ってみたいと思っていたのだ。いま満たされる好奇心のナイフがグサリ心臓をひと突きする。アイホン機内モードにしてWiFiを使っているので電話はかかってこない。「生きてますか?(笑)」ってふざけたメールは来ていた。これからおまえが死ぬんだよ。ずっと行きたいと思っていた元職場のすぐ近くの古書店に行ってきた。元職場のみんな、まさか裏切り者がこんな近くをうろうろしてるとは夢にも思わないだろう。よく「この顔にピンときたら110番!」って犯罪者の顔写真入りポスター貼ってあるけど、あいつらわりとそこらへんにいるような気がするんだよね。中核派の大坂正明は捕まっていたけどな。精神に歪みが生じてしまいそうなので退職を決意してからお酒をぜんぜん飲んでいなかったんだけど、そろそろEよね!

猫の惑星

猫と戦い続けている。夜中に飼い猫が部屋を荒らすたびに目を覚ましている。猫はおなかがすきさえすると、深夜明け方時間かまわず部屋を縦横に走り回り、積んでいるものを崩す、ビニールを引き裂く、布団を剥ぐ、念仏を唱える、ルンバを踊る、薬缶をひっくり返す、などの方法を取って飼い主を起こし、ごはんをもらうまでこれらの行動をやめない。ここは猫の支配する猫の惑星なのだから仕方がない。向こうの方が主人だと思い込んでいるのだ。猫にコトの善悪を教えることなどできない。きつく叱れば「これをしたら怒られる」ということは多少は学ぶけれど、それは人間でいうところの「社会規範」を学ぶということでしかない。善悪そのものを考えたり倫理的な判断のもとに行動をとる生命体ではないんだ。善悪の上に「猫自身」のようなメタ意識があるのだろう。倫理学に「猫ならば?」という変数を持ち込めば新たな地平が見られるのかもしれない。禅の公案の改変で「猫に還って仏性有りや無しや」ってとこですかね。ツイッターで、こいつは精神に異常をきたしているのではないか?と言いたくなる常識を逸脱したツイート・リプライをしているアカウントの多くが猫アイコンであることは周知のことと思う。統計的に実証されてないだろうけど猫アイコンのヘイト野郎とか多いし。連中は顔を猫に仮託することで善悪の倫理を棚上げしてるつもりなのだろうかね?善悪を措いて好き勝手振る舞えるのは猫だから許されるのであって、人間ではないと思うんだがな。猫の惑星に生きていることを思い出してほしい。猫が顔の上であくびをした。わ、臭え。惑星だけに。

スターゲイザーガンダム

こんにちわ。
みんな頑張ってますか?
僕はまいにちまいにち頑張ってるはずなのに、頑張りがなにひとつ報われません(爆笑)

 

まぁ"頑張り"にも色んな種類があって、たとえば、いくら頑張って夜空の星の数を数えてるひとから「頑張って数え終わりました!」とか報告されても「で?それで??」って感じですよね。とはいえ星の数を数えていたら流れ星に出くわして願った願い事が叶う可能性があるわけだから、一見「で?それで??」と思う頑張りにも意味は生まれてくるのかもしれない。かけた頑張り対効果が低いだけで。ま、生まれないと思うけどね、意味。こういう話をしていると「星を数える余裕のある人間だからそんな傲慢なことを言えるんだ」みたいなお叱りを受けるんですけど(直接言われたことはないので僕の被害妄想かもしれない)相対的に恵まれた生活をしていることと、自分の人生に満足できているかどうかは別の問題だよ。たしかに僕は星を数える余裕はあるかもしれないが、空に顔を向けたいという気持ちにならないんだ。都会は忙しすぎて夜中でも空は眩く、星は見えにくい。あと、視力が低いので見えない。スターゲイザーになれない。幼少のころよりあらゆるひとから「いつかよき理解者が現れるから耐え難きを耐え真面目に生きろよ」とか言われて育ってきたが、いまに至ってそんなものは一瞬たりとも現れなかったのでずっと騙されていたという気持ちが拭えず、なにかを信じるということができずにいるんだよな。世界との窓口がSNSになってしまったのがいけないのかもしれない。ひとが本当はどんな現実を生きているのか、想像できないんだ。

 

↑っていうメモを夜中眠れないときに書いていたのが残っていたんだけど、いったいどういう心理だったんだろうな?
内容は常日頃思ってることだから自分が書いたことは間違い無いんだけど、こんなもの書くより星を数えたほうがマシじゃないかな。

猫は見ていた

先日一月十四日に、なべとびすこさん(@nabelab00)主催の『俺の歌会』という、「他人(自分以外の参加者)が作った短歌を、さも自分が作ったかのように紹介する」という特殊ルールの歌会に行ってきました。
そもそも「歌会」というのは自作の短歌を持って行って評し合う会ですね。通常は参加者が各々持ち寄った歌を名前を明かさずに並べて、評価の高い歌を選んで、語り合うものらしい。まぁ、こんな説明であっているのだろう。

 

なんせ自分以外の人の感性によって詠まれた歌を当日ランダムで渡されるので、どう解釈したか、それをどう面白く話せるかのアドリブ力が試される。緊張感があるけどもゲーム性が高くて楽しい。僕は数々の読書会でろくに読んでいない本についてさも隅々まで読んだかのように語ってきたり*1、やりたくない仕事を躱すため長年の社会人生活で"言い訳"のスキルを培ってきたので、それらを遺憾なく発揮できる機会だった。

 

そして自分の作ったものがどう読まれどう解釈されるか、ドキドキするね。

 

平成が終わる時間にこの世から消えるところを猫は見ていた

 

これは僕が作って持って行った歌なんだけど、良いでしょう?
短歌は素人だけどいろいろ工夫を凝らしたつもりなので、頑張ったポイントを解説したい。が、説明しすぎないほうがよいのかな。

 

平成が終わる時間という明確なタイミングを指定しつつ、この世から消えるという不思議さにつき当たるわけだ。自分が消えるのか?自分のなかの気持ちが消える?自分以外のなにかが消える?なにが消えるのかな?といろいろ思いをよぎったところに、猫は見ていたという終わりがやってきて、やはりなんらかの事象が消える場面があったのだなと振り返る。そして、猫が見ていた「消えたもの」についてもう一度考えてみる。

 

といった、たいそうな歌ではないです。年が変わって一月一日になる瞬間にジャンプして「オレ、年が変わる瞬間地球上にいなかったわ」って言うやつ、小学生のころ同じクラスにいませんでしたか?僕はそれをいまでもやるんだけど、タイミング見計らって飛ぶところを、飼い猫は不思議そうに見ているんだよね。同じことを次にやるタイミングは平成が終わるときだろうな、というところから生まれた歌でした。くだらねえとか言わないでくれたまえ。

これがまぁ「クソですね」とか厳しいことを言われたら凹んでやめていただろうけど、肯定的なコメントをいただけたのでこれを機にこれからもいろいろ作ってみたいな。伊達に毎日バカみたいに本読んでるわけじゃないんだなと思われたい、という気持ちもあるよ。僕はまともに詩作ができるだけの感受性もなく、言葉の響きの面白さを追求する技巧も持ち合わせないので、せめていままで読んできたものに育まれたであろう語彙の選択をもって歌を作るほかない。

*1:課題本はちゃんと読んでますよ、一応