現実世界のルーザー

この世に救いはない。読書論・椎名林檎論などを綴った、この世界最後のブログです。

もう着いてるよ(≧◇≦)

女の話をしよう。

他人のこころの機微に疎いルーザーがまた女の子を困らせ、怒らせ、泣かせた物語です。これは懺悔録です。


「もう着いてるよ(≧◇≦)」

「待ってるけど、どこ?」

「はぁ…返事もくれないし、まだ遅刻癖直ってないんだね。私は別にいいけどさ、女の子待たせるって最低だぞ(*´ -`)」


ある土曜日の昼下がり、携帯に届いていたメールを見て愕然とした。女の子から連絡が来ていたのに、お昼寝していてすっかりスルーしてしまっていたのだ。

メールの内容は上記の通り。待ち合わせをすっぽかして女の子を待たせるという、人類最悪の所業を犯してしまいました。しまったしまった島倉千代子

僕は生まれてこのかた女の子とのデートには九割がた遅刻したことはないし、ましてすっぽかしたことは一度たりともないはずなのだが、どうやらこのメールの女の子とは知らないうちに遊びに行く約束をしていて、それをすっかり忘れてしまっていたようなのだ。いよいよもうろくしたか。

ここで、「モテないルーザーに女の子から連絡が来るわけないジャンwwwww」なんて思っちゃう不届き者が万が一にもいらっしゃるかもしれないので、メールの証拠を添付しておきます。

f:id:the_midnight_loser:20170816223032j:plain

僕のメールアドレスは東京事変の曲名から取った御祭騒ぎですからね。どうです、僕にだって女の子から連絡くらいくるんですよ。どや。

しかし、どうしようか。困ったことに、メールをくれた相手が誰かわからない。アドレス帳に登録がないのだよ。なんでや。酒の席で連絡先を伝えてその後登録していなかったパターンだと考えられるよね。困った困ったこまどり姉妹


「おーい!!会社のタブレットからだからわからないかもだけど、陽菜だよ(*^^*)自分で呼んだのに無視ってどゆこと??」


そうこうしているうちに、追撃がきた。女の子が怒ってる……どうしよう……オロオロ。でもでも、一歩前進、やっと相手が誰だかわかりました。ヨーナちゃんか!な~んだ、ヨーナちゃんだったのか。忘れないようにアドレス帳にシッカリ登録しておかねばなりませんな。

f:id:the_midnight_loser:20170816223040j:plain

ゴウ・オーヴァー・ザ・レインボウ@ブルーワールド・イノヴェーション・ライフ・ドットコム

すなわち

虹を越えてゆけ@青蒼世界革新生命ドットコム

すげえ、カッコイイメールアドレスだな、ヨーナちゃん。ところがね、んー、ヨーナちゃんが誰だかわからねえんだ……どこで知り合った人なんだろう……んー、こころあたりがありすぎてわかりません……


「どうしてもって言うから時間作ったのに…私だって暇な訳じゃないんだよ。無理になったなら無理になったで連絡くらいしてくれてもよくない?(;'∀')」


ごめんね、ごめんね、本当に申し訳ないと思っている。せっかく時間を作っていただいたのに、フイにしてしまいました。謝罪のメールを送らなきゃ……


「もう帰るからさ、今後ぜーったい連絡もして来ないでね?約束だよ!!」


あぁ、嫌われちゃった。わかった。こころのなかで約束しました。もう連絡しないよ。それがケジメだ。だから、いままでのメールにもひとつも返信していない。女の子のこころを弄んでしまった罪と罰。ヨーナちゃんとの関係はこれっきりにしよう。グッド・バイ。太宰治言うところの、現代の紳士淑女の別離百態のひとつだね。さよなら。

 

と思って放っておいたらね、翌日またメールが来たんだ。

 

「ねぇ!昨日来なかったのに私の不在中に会社に連絡するとか意味不明過ぎ(*_*)何でこのメールを無視するのに会社に連絡するの?も普通逆でしょ??」

 

ははーん、読めましたよ。この女、ワガママ言って僕の気を引こうって魂胆なんだね。そうは問屋が卸しませんよ。ガキくせえことを言っていないで、もっと大人の対応を学んでくれ。僕は女に弱いのでワガママ言われるとチョロいけど、この手の姑息な手口はキライなのだ。オオアリクイに主人を食い殺された未亡人からのカラダの関係を求めるメールくらい、大胆で真摯な内容の連絡をいただきたいものです。というわけで、このときメールを送ってきた女とはなにごともなかったことを、ここにご報告申し上げます。

(このクソブログは、カップラーメンを作るためのお湯が沸くまでの時間つぶしのために書かれました。)