現実世界のルーザー

この世に救いはない。読書論・椎名林檎論などを綴った、この世界最後のブログです。

ダイキライ(H ZETT M feat.HIRO:N )を聴いて思うこと

この冴えない人生を一発逆転するにはYoutuberになるしかねェのかなァ

って思いながらYoutubeをうろうろしています。ヒカキンのモノマネをできるようになろうかしら。毎日吐き気を我慢してクソみたいなシステム開発するゴマカシ人生よりも、子供たちを笑顔にするほうがよっぽど人間としてマトモだよなぁ。こんなナメクジみたいな生活がダイキライだよ。

そんな荒んだ気持ちを抱きながら、今日はYoutubeでこの曲を聴いていました。


H ZETT M「ダイキライ feat.HIRO:N」

PVが楽しいです。あと歌詞がとても良いです、この歌。

「顔も見たくない」
「記憶から消し去りたい」
「間違いをしたみたい」
「あんた ほんと ダイキライ」


みなさん、H ZETT Mを知っているかね。

かつて、林檎戦隊ジヘンジャーというバンドにて、「H是都M」とかフザけた名前*1で鍵盤奉行をやっていた人です。上記PVをご覧になったらわかる通り、変な人です。青鼻シルクハット。ジヘンでもすっごいヘンテコな弾き方でテクい演奏をしていたね。ずっと前にヴィレッジヴァンガードにふらっと入ったらH ZETT M初音ミクで曲作ったのを売っていて、そのときもあらためて変なヤツだなぁと思ったものでした。

僕はジヘンメンバーのその後の動向はほとんど追いかけておらず、この「ダイキライ」に出会ったのは偶然です。一緒に歌っているHIRO:Nという女性歌手は知っていた。高校生のときにラジオでちょろっと流れているのを聴いて気に入って、アルバム『mangosutana』を買ったのだ。久しぶりに姿を見た気がします。少し気だるい歌い方で、夏に聴くと心地よい涼しげな歌が多くてお気に入りの一枚でした。


hiro:n - Tokyo City (2003)

アルバムのなかでもとくにこの歌が好きだった。

「愛し愛され眠りたい」というフレーズが良い。



もうだいぶ昔に僕がフられた女の子は、SNSの名前をしょっちゅう変えるひとだった。

いよいよもうオシマイだねって思ったときに名前を「ダイキライ。」に変更してトキメいたことを思い出しました。なんとも投げやりな別れの感情表現があのコらしいナと思ったのだ。そういう小憎たらしいところがあなたの萌えポイントだよって伝えたらブロックされそうだったのでやめておきました。この「ダイキライ」の歌詞のようなことを思われていたのだろうか。*2

*1:カッコイイよなぁ

*2:このフられた女の子のエピソードは、もちろん架空のできごとです