現実世界のルーザー

この世に救いはない。読書論・椎名林檎論などを綴った、この世界最後のブログです。

はがない(僕は小説が書けない)

本日はお足元の悪い中ルーザーブログにご来場いただき、まことにありがとうございます。
はっきり言ってミクシィが廃れたからこのブログを開設したようなものなんだけど、やっぱり世界中から注目されてるんだなって思いますね。いよいよ世界がキナくさくなりつつある昨今。ルーザーブログを開設するに呼応して北朝鮮が動きだした。

前髪のオシャレに気づいて欲しいからミサイル撃った説がありますね。僕のブログ開設に遅れを取ったと感じた金正恩朝鮮労働党委員長・朝鮮民主主義人民共和国国務委員長・朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員・朝鮮労働党中央軍事委員会委員長・朝鮮人民軍最高司令官*1だが、流石に一国の大王なだけあって遅れをとったままではいない、オシャレで先手を取ってきた。僕は明日美容院に行きます。
架空のフられエピソードとともに椎名林檎の楽曲の素晴らしさを世の中に発信するブログにしようと思っていたのに、フられエピソードが思い浮かびません。前に書いたものも99%はデタラメなんですけど、ビミョーに過去の甘酸っぱい思い出を混ぜ込んでいたりいなかったり、あぁ、こんなことを書くと、フラれることで笑い話にもできて人間的にも成長できてよかったですねルーザーさん、なんて思われちゃいそうだが。いや、よくないですよ。フらないで欲しかったに決まってますよね。つらいし。まぁモテないのが悪いからそれはいいとして、架空の話をデッチあげるようなことが苦手でならないんですよ。仕事サボるときも作り話できないから、嘘はついていないけど現実からは乖離しているような、真実の裏表みたいなストーリーにしないとうまく話せないのだ。僕もソーサイみたいに守護霊にインタビューして幸福を実現するようなテクニカルなことができれば、このブログももっと高品質になるんですけどね。想像力/創造力を鍛える訓練ってどうやったらいいんでしょう。
小説のようなフィクションを書きたくなる気持ち、物語を作ろうと思う気持ちというのか、思考のプロセスというのか、書きたいものが浮かんでくるイメージというのか、およそそのどれひとつわからないものだから、創造がまったくできないのです。たとえばいま僕のパソコンの前で猫ちゃんが寝そべってブログ更新の妨害をしているのですが、こやつがもし突然しゃべったら、なんと言うだろう。なんと言ったらおもしろいだろうか。猫に語らせる言葉のひとつすら浮かばないのにゃん。「ちょっとなにかしゃべってごらん」と話しかけてみるのだが、眠そうにしているばかり、『遠野物語拾遺』に出てくる猫のようにしゃべりだしたりしない。てかまじでしゃべったらめっちゃ驚かされるだろうね。キャッと驚くことだろう。猫だけに。キャッと。
 

*1:肩書き多すぎだろ