現実世界のルーザー

この世に救いはない。読書論・椎名林檎論などを綴った、この世界最後のブログです。

氷川丸日記

気分があまりにも憂鬱だったので振り払うため、氷川丸に会いにいった。 日本郵船が1930年に竣工させた貨客船で、太平洋戦争時は病院船となって生き延び、戦後は復員船を経て1960年まで運用された。いまは横浜の山下公園前に係留されて重要文化財になっている…

クソブログハラスメントについて

たまたま目に入ったので読んでみたのだ。ザザッとちょっとだけ、軽い感想を書きました。 www.goodbyebluethursday.com 小さい子供をむやみに連れ回す親は迷惑だ、子供にとっても良くないことである、度が過ぎる親のふるまいはベイビーハラスメントだ、という…

青リンゴ日記

僕は椎名林檎のアイコーカなので、たまには真面目に林檎ネタの記事で攻めてみようと思う。 林檎っつっても赤と青があんじゃん、どう違うの? と思ってググったら、なんか収穫時期が違うことによって含まれる物質が違うために見た目の色も風味も味覚も変わっ…

バッドルーザー日記

僕のハンドルネームはもう十年ほど前から「ルーザー」なのだよ。英語で書くと「LOSER」すなわち、「負け犬」「敗北者」を意味している。あまりにモテなくて、フられ続けの負け続けな半生だったことが、その名の由来するところである。十年も使い続けているし…

夏祭り(JITTERIN'JINN)を聴いて思うこと

わしがいた夏は遠い夢のなか!! うぇ~い、みんな夏☆満喫しているかな? していないよね。していたらこんなクソブログは見に来ていないはずだ。ジッタリン・ルーザーの名推理だよ。かくいう僕も夏☆満喫などしていない。会社の奴隷には一週間も夏休みを取る…

もう着いてるよ(≧◇≦)

女の話をしよう。 他人のこころの機微に疎いルーザーがまた女の子を困らせ、怒らせ、泣かせた物語です。これは懺悔録です。 「もう着いてるよ(≧◇≦)」 「待ってるけど、どこ?」 「はぁ…返事もくれないし、まだ遅刻癖直ってないんだね。私は別にいいけどさ、…

椎名林檎の「今」を聴いて思うこと

僕は小説家なのだけどいっこも小説が書けないので、副業でSE*1をしているかたわら、人理継続保障機関「カルデア」で人類史を正す戦いに身を投じている。それは未来を取り戻す物語!現在、夏の水着イベント真ッ只なかだ。 自分が過去に書いていたmixi日記を読…

椎名林檎の「いろはにほへと」を聴いて思うこと

2013年の5月27日が椎名林檎のシングル『いろはにほへと』の発売日だったわけですが、当時ゲットして聴いたときにそのあまりの名曲っぷりに感極まったのでしょう、2013年5月28日の零時52分に書いていた僕のmixi日記がクソウザかったので、文章はほとんどその…

【街コン敗戦記】神楽坂地獄変・冥府魔道を行くの巻

愛なんていらねえよ、夏! いよいよ本格的に夏めいてまいりましたこのごろ、みなさまにおかれましては、どうせルーザーさんのことだから毎日虫の如くみじめな生活をしているのだろうとお思いのことでしょう。ご明察!ナメクジのように干からびそうになってい…

陰陽鬼遣らい

今日は節分の日ですね。 むかしむかし、季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられており、それを追い払うための悪霊ばらい行事が執り行われた、というのが節分の起源だそうです。 これから春に向けて季節の変わり目になる時期ですので、みなさま無理を…

ダイキライ(H ZETT M feat.HIRO:N )を聴いて思うこと

この冴えない人生を一発逆転するにはYoutuberになるしかねェのかなァ って思いながらYoutubeをうろうろしています。ヒカキンのモノマネをできるようになろうかしら。毎日吐き気を我慢してクソみたいなシステム開発するゴマカシ人生よりも、子供たちを笑顔に…

人生ガチャで大爆死したルーザーが読書会で大勝利するためのたッたひとつの奥の手

どうすれば読書会で大勝利できるだろうかと、いつも考えている。 読書会ってのはいろんなスタイルがあるけど、ここでは特定の課題本を事前に読んでいって、内容についてみんなで語り合う形式のものね。 で、勝負事でもない読書会における大勝利ってのはやや…

「積ン読」を解消するたッた5つの魔術的方法 含・仙人化のすゝめ

序論 僕も世の中のクソブロガー・クソライターのアクセス数獲得への狡猾なる情熱を見習い、タイトルを工夫して、タイトルで詐欺っていくスタイルのブログで攻めていくことにします。よろしくお願いします。 カテゴリーは「読書論」というわけで、あまりにモ…

はがない(僕はブログが書けない)

先日、僕のブログからは「加齢臭がする」と言われました。カレーうどんを食べながら記事を書いていたからでしょうか。それとも、そのとき書いていた記事のタイトルが『僕は友達が少ない』というひと世代まえに流行ったライトノベルのパロディだったからでし…

椎名林檎はカイオーガが好き説

椎名林檎はカイオーガが好き。これは僕がもう5年ほどまえから提唱している説であります。「カイオーガ」は、ポケモンです。どんなポケモンなのかは、やはり原典のポケモン図鑑を当たっていただくのが一番でしょう。 カイオーガ そら いちめんを おおう あま…

視える視える、地獄が視える

もうだいぶ前のことだけど、宇野亜喜良イラストのタロットカードを見つけて買ったことがあるのだ。渋谷のドンキホーテ裏・ラヴホテルに囲まれたマンションの一室のようなところにあるポスターハリスギャラリーというところに、僕がのちにフられた女の子と一…

「ポルカドットスティングレイが東京事変になれるわけないだろ」に対する一意見

ほとけさまのように優しく生きていきたいと思っている。でもムリ……うっかりでも気に食わないものを見ちゃうとインネンをつけたくなってしまうのが人情というものではあるまいか。たまたま目に入ったこの記事の内容があまりにも意味不明だったので、ひと言書…

限界効用ゼロ社会

あぁ、この世に救いはありません。なにをしても楽しくない、なにを見てもおもしろくもおかしくもない。万物は無常に候、もはやなにからも満足を得られない、あらゆる財*1が無価値になってしまった地獄のような世の中ーーそんな世の中を人呼んで曰く「限界効…

ルーザー VS NHKの調査員女子

太平の眠りを覚ます玄関のピンポンがなった。 休日の午前中にやってくるものといえば、宅急便だろうか。はたまた、ついに近所の人からの苦情か。賊かもしれない。賊なら襲撃してきそうなものだが、クール・ジャパンを標榜する我が国の賊は正面から堂々とやっ…

MacBookルーザーおじさん

「君のようなクソガキにMacBookは十年早いよ、というわけでこのMacBookはいただいてゆく」 と言って全国のスターバックスでMacBookを使っているセイガク*1どもからMacBookを狩ってまわる不審者たちのことをMacBookおじさんと呼ぶのだと思っていたが、これは…

はがない(僕は小説が書けない)

本日はお足元の悪い中ルーザーブログにご来場いただき、まことにありがとうございます。 はっきり言ってミクシィが廃れたからこのブログを開設したようなものなんだけど、やっぱり世界中から注目されてるんだなって思いますね。いよいよ世界がキナくさくなり…

「私と仕事とスマホ、どれが大事なの!?」という命題に対する最終回答

「私と仕事、どっちが大事なの!?」 という命題に対しては、「おまえが大事だよ」と言いながら仕事を続けるか、「仕事が大事だよ」と言いながら相手を抱きしめるか、このどちらかが無難な解決であることは自明のことであります。たぶんヘーゲルもそんな感じ…

電気ルーザーは年収5,000兆円の夢を見るか?

前の記事について「タイトルの暴力的な表現がこのご時世のインターネット世界にそぐわないおそれがありますヨ」という趣旨のご指摘をいただきまして、あぁ、確かにな。ツイッターで日々地獄を見ている僕には察せらるるところ大いにあり、変更しました。変更…

ルーザー VS 与沢翼

秒速で5,000兆円稼ぎたい。ルーザー翼と名乗りたい。与沢ルーザーでもいい。あのデブのことは嫌いだけどLINEスタンプは面白かったので買ったよ。僕は与沢翼にお菓子代くらいは貢いだのだ。いいもん食ってくれ。5,000兆円は多く見積もりすぎかもしれないし、…

椎名林檎の「歌舞伎町の女王」を聴いて思うこと

僕がむかしフられた女の子は、歌舞伎町で働いていた。 女王ではなかったが、夜の売れっ子だったのだろう。派手な身なりではあったがケバいおしろいに染まることなく、どことなく高貴な品性を保っていた。とはいえ根は奔放絢爛蓮ッ葉で、冴えないキモヲタの僕…

東京五輪について椎名林檎が思うことへの反応に対するアイコーカの一意見

アイコーカの端クレなので、これを読みました。 www.asahi.com リンゴの言葉遣いがいつもの通りなので、確かにいくらでも因縁はつけられるな〜って内容ではあるだろう。それはきっとアイコーカみんなが思っていること。(だよね?)でもでも、それを踏まえても…

ルーザー VS 悪徳営業電話(焼き鳥)

穏やかな気持ちで平穏に生きていきたいと思っている。若いころは気に入らないことがあるとすぐ「無礼討ちにいたすぞ」とか粗野な言葉を放っていましたからね。いっぱいお叱りも受けまして、大人になってからはそのことに対する反省の気持ちで胸いっぱい、さ…

椎名林檎の「正しい街」を聴いて思うこと

僕がむかしフられた女の子は、福岡に住んでいた。 互いに知らぬ土地で知り合った彼女のもとへ初めて会いに行ったときも最後だったときも同じように新幹線のぞみの車内放送チャイムに合わせて「いい日旅立ち・西へ」を口ずさみ、やっとこついた博多駅の新幹線…

アイコーカ日記

もう10年ほどアイコーカを続けている。 アイコーカというのは、椎名林檎ファン・椎名林檎オタクのこと。アラシックとかパーナさんみたいな、ファンの呼び名的なやつだ。微妙にニュアンスが違うか? まぁいいや、僕はふまじめなアイコーカだし、漢字で「愛好…

世界開始の科の御伝え

地獄のはてなブログへようこそ! 憂鬱な日々の生活、悲しみと悲しみと悲しみ、ムカつく出会い、ちょっとしたカスみたいな考えやバカみたいな思いつきを炎上ブログに書き残してください。しばらく続けて読み返したときに、人生の無為に気づくという新しい発見…